風景には必須な超広角Fujifilm XF10-24mm F4レビュー

スポンサーリンク
カメラ
スポンサーリンク

XF10-24mm F4レビュー

以前から欲しいと思っていたFujifilmの広角ズームレンズを買いました。

これで富士フィルムのレンズは

  • XF16-55mm F2.8
  • XF50-140mm F2.8
  • XF35mm F2
  • XF10-24mm F4 ←new

となり、富士フィルムXマウントのレンズシステムが完成しました。

富士フィルムの広角レンズ

富士フィルムの超広角レンズは

レンズ新品価格中古価格フィルター径
XF10-24mm F490000~70000~72mm
XF8-16mm F2.8200000~200000~取り付け不可
XF14mm F2.8750004500058mm
XF16mm F1.41000007300067mm
XF16mm F2.8430004000049mm
XF18mm F2550003100052mm

となっていて、広角側のレンズもラインナップが揃っている状態になっています。

LAOWA等のサードパーティ製の超広角レンズもいくつか発売されています。

XF10-24mm F4を選んだ理由

今回広角レンズを買うにあたって重視したのは

  • 重さ、大きさ
  • 取り回しの良さ
  • 手ぶれ補正
  • フィルターサイズ

です。

大きさ、重さ

僕が使っているカメラはX-T2なので、X-T2に合うサイズ感のレンズを探していました。

XF10-24mmは重さが410gと他のズームレンズに比べると軽量です。

大きさは若干大きめではあるのですが、X-T2につけるとちょうど良いくらいの大きさです。

取り回しの良さ

XF10-24mmはフルサイズ換算15mm-36mmと超広角から標準域に近い広角までをカバーしています。

ですので、このレンズを付けっぱなしにしておくと撮影がとても便利そうだと思いこれにしました。

XF8-16mm はレンズフィルターを付けられませんし、出目金レンズのため気をとても使うので選択しませんでした。

手ぶれ補正

広角になればなるほど手ブレを抑えられるシャッタースピードは下がりますが、手ぶれ補正が入っているのでスローシャッターの撮影を手持ちで狙えないかと思っています。

また最近動画撮影に興味が出てきたので、手ブレを抑えられるレンズは重宝します。

本格的にやる場合はX-H1を買うと良いと思います。
X-H2が発売されたら買おうかと考えています。

フィルターサイズ

以前XF16-80mmが発売されるという記事を書いたときにもレンズフィルターのサイズを揃えると良いという話をしましたが、

XF16-80mm F4 R OIS WRが最高っぽい
XF16-80mm F4 R OIS WRが発売します。有名なカメラのリークーサイトの軒下デジカメ情報局で、7/18日から7月18日に予約開始される富士フイルム「XF16-80mm F4 R OIS WR

このレンズのフィルターサイズは72mmなので

  • XF 50-140mm F2.8
  • XF16-80mm F4

と同じになります。

なのでフィルターを使いまわせるというのがとても便利です。

作例

実際に使い始めて1~2ヶ月ほど経ちましたので何枚か写真を撮ってきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました