【大学生におすすめ】3万でそこそこのスペックを持つ最高のPC紹介

大学生になり、パソコンが必要になることが多い。

家電量販店に出ているようなパソコンでは大した性能もないのに、いらないソフトが付いてきたり高かったりと少し考えものだ。

そこでとても安く手に入ってなおかつ、性能もそこそこ良くて使いやすいPCを紹介したい ただこのPCでは最新のゲームをプレイしたり、相当負荷のかかる作業をするのには向いていない。

とりあえずプログラミングと、ブラウジングなど一般的な理系大学生がやりそうなことをこなすのに必要十分なスペックのPCを紹介する。

紹介するのは、LenovoのThinkPadX230だ。

DSCF5897
これの何が良いかというと

– ThinkPadのXシリーズであるということ
– 拡張、改造が簡単
– 中古価格がとても安い
というところだ。
ThinkPadのXシリーズの何が良いかというと、キーボードだったり、見た目だったり、拡張性だったりがとてもユーザーに使いやすくできている。

DSCF5899

この赤ポチを使えばトラックパッドに触れることなく、作業ができるし、X230では裏のネジを2本外すだけでキーボードを交換できる

 

DSCF5910

 

X230は中古価格がとても安くて、2019年3月時点で2万円出せばお釣りがくるぐらいで買えます

X230を最高にする方法

中古で買ってきたX230を最高にしていきましょう。やることは以下 – SSD換装 – メモリを増設

SSD換装

HDDをSSDに換装しよう

DSCF5907

X230はネジを一つ外すだけで、HDDを交換できる 最近はSSDが安くなっているので、以前よりも気持ちが楽にSSDを使える

 

メモリを増設しよう

プログラミングをしたり、ブラウザでネットサーフィンをするにはそこそこのメモリ量があったほうが無難だ。

Google Chromeを使ったりすると大量のメモリを消費するからだ、ないよりはあったほうが良い。

基本的には8GBもあれば十分だが16GBあるととても楽に作業ができると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモリも、裏蓋から日本ネジを外すだけだ簡単に交換ができる。

僕のX230ではもともと乗っていた3GBのメモリに8GBを追加して11GBで使っている。

これだけやれば、とても使いやすくなります。

OSはだいたいWindows7のライセンスキーがあるので、それを使ってWIndows10を使うか LinuxのOSを使うと良いです。 これで最高のPCが作れます