Powerbeats Proが良さそうだと思う話

スポンサーリンク
イヤホン

このブログ的には初登校だけど、このブログが始まるまでには紆余曲折ある(それはまた別で)

3月ごろにAirPods2が発売されて、少し欲しいなと思っていたが
AirPodsには少し弱点があると思って購入しなかった。

それは

– 見た目
– 遮音性

まず見た目が少しダサい、黒がでればカッコ良いのだがよく言われているように”うどん”である
また、遮音性は皆無であり、ノイズキャンセリングに体が馴染んでしまった僕には遮音性のあの低さは、社会の喧騒をかき消すのにはとても向いていない。

良い点ももちろんたくさんあって、小ささ(これが無くしやすさという弱点にもなるのだが)や、Apple製品との連携だ。特にApple製品との連携は他にこれを超えるものがなく、さすがApple純正といったところで、Apple Store店頭で試した限りでは相当快適かつとても便利そうだった。

そこで話は今日まで遡る、本日AppleからBeatsのブランドで新しいイヤホンが発表されたのだ。
Powerbeats Proというイヤホンだ

MV6Y2 AV2

https://www.apple.com/jp/shop/product/MV702PA/

実はこれはAirPodsの発売直後にリークされていたので、これもあってAirPodsを買わなかったのもある

PowerBeats ProはAirPodsの弱点を改善していそうだ。

公式ページ https://www.beatsbydre.com/jp/earphones/powerbeats-pro を見る限り

– 長時間駆動
– 物理ボタン追加
–  カラーを選べる
– ノイズアイソレーション

が良さそう

9時間の再生が可能で、充電ケースを使うことで24時間使えるようになり、充電の心配がなくなった。
音量の再生、停止、ボリュームアップダウンができるようになり着拒までできる。

Pp pdp p10 previewtile lrg jpg medium 2x

https://www.beatsbydre.com/jp/earphones/powerbeats-pro

カラーはアイボリー、ブラック、ネイビー、モスグリーンから

カラー

https://www.beatsbydre.com/jp/earphones/powerbeats-pro

ノイズアイソレーションとは
https://www.beatsbydre.com/jp/support/info/noise-canceling-isolating

ノイズアイソレーション機能を搭載したイヤフォンやヘッドフォンでは、バッテリーを消費することなく周囲の音が遮断されます。イヤフォンのフィット感を調整できるイヤーチップや、ヘッドフォンのイヤーカップに装備された十分な厚みのパッドが、不要なノイズを物理的に遮断するバリアとなります。またこのバリアは、音漏れ防止にも役立ちます。

イヤーチップが優秀そう

なのでこのイヤホンを買おうと思います。

きたらレビューをしようかと思う

追記:

PowerBeatsProにはノイズキャンセリング機能は付いていません。

PowerbeatsProにはノイズキャンセリング機能はついてない
PowerBeats Proの公式ページには、 一流のアスリートたちが何よりも求めているもの、それは高音質サウンドでした。Powerbeats Proは、ダイナミックな音域とノイズアイソレーションにより、バランスの取れた迫力サウンドを実現。最高のリスニング体験をお届けします。 https://www.beatsbydre.com/jp/earpho

コメント

タイトルとURLをコピーしました